3DCGでふわっとしたものを作ってみよう【カウントダウンカレンダー2016冬6日目】

3DCGでふわっとしたものを作ってみよう【カウントダウンカレンダー2016冬6日目】

misw No Comment

第0日目以来です。MIS.W50代のぴの。です。
一応当サークルの3DCG班班長を務めさせてもらっているので3DCGについて書きたいと思います。

当初、何か作品のメイキングを載せようかと思ったのですがわかりにくいと思ったのでやめました。
かといって技術記事を書こうと思ったのですがたくさん書きすぎるのも読みにくいので、簡単に「ふわっとしたもののつくりかた」を書きます。
応用すると例えばサンタ帽子の上のほうの毛玉やファー、ぬいぐるみなどに使えるのではと思います。
※なおこの技術自分が習得(?)したのが今秋なので中途半端なところがあるかもしれません。
※このやり方たぶんすごく重くなります。

作り方[1]

1.今回は球に毛をはやしていきたいと思います。ということでUV球を出します。
1

 

2.パーティクルメニューを新規でだして”タイプ”をヘアーに変えて詳細設定にチェックをいれる。
2

 

3.”レンダー”のところのランダムの値をいじる。 (今回は1.000)
3

 

4.”速度”のところのランダムの値をいじる。(今回は0.500)
4

 

5.”物理演算”のところのブラウン運動の値をいじる。直線ではなくなる。(今回は0.35)
5

 

6.”表示”のところのステップ数を変える(今回は5に)
6

 

7.”子”のところをなしから補間にしての表示をいじる。(表示を150に)
※ここでめっちゃ重くなります
7

 

8.”子”のところの集結をいじる(今回は1.00に)
※ここで”放射”のところのヘアー長を4.00→2.00にしました。
※”物理演算”のところのブラウン運動の値を0.25にいじりました。
8

 

9.”子”のランダムサイズをいじる(ランダム0.03、サイズ0.3)
“子”の長さしきい値をいじる(長さ0.8、しきい値0.2)
※ここで”放射”のところの1000→1200にいじりました。
9

 

10.”子”の中にある”ねじれ”のカールの振幅頻度をいじる (振幅0.420、頻度1.000に)
※”物理演算”のサイズを1.0に、ブラウン運動を0.3にいじりました。
10
11.すこし荒かったので球を細分化しました。
11

 

12.色をなんとなくつけました。
12 13

◎もしかしたら値の微調整の記入し忘れがあるかもしれませんが上のような感じです。
◎ちなみにレンダリングしようとしたらBlender落ちましたのでここでおわりです。
◎ノーパソでやっていたのでこれを作る過程で15回くらいBlenderが落ちました。できればデスクトップパソコンでやってみるといいと思います。

明日でこの企画折り返しです!ひきつづき楽しんでいただければと思います。

参考にしたもの
[1]Blender Guruさんの投稿動画(2016)「How to Make Fur in Blender」https://www.youtube.com/watch?v=EVj1fETtuN8 閲覧日2016年12月10日

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新情報を更新中!

Twitterに、新歓情報をはじめ最新の情報を掲載しています。