Author Archives: misw

挨拶と謝辞【カウントダウンカレンダー2016冬0日目】

misw No Comments

19_logo-300x125
カウントダウンカレンダー担当の50代ぴの。です。

突然ではありますがカウントダウンカレンダーとはなにか。

それは明日からクリスマスまでの14日間毎日交代で、現役のMIS.Wサークル員が他の人に知ってほしいことや自分の好きなことなどをリレー方式で書いていくものになります。

今年の新歓期では似たような企画として新歓ブログリレーなるものを行いました。
そこではプログラミングDTMCG製作 などの創作技術系記事から大学で使える情報個人の趣味まで様々な記事が、MIS.Wのマスコットキャラクターである「みすちゃん」の誕生日を目標にして毎日リレー方式で投稿されました。
当サークルのweb担当曰く閲覧数は多かったようで、新入生のサークル選びの参考になったと担当者としては思いたいところです。

以降謝辞となります。
この企画の担当者は早稲田祭が終わりLeague of LegendsやFate/Grand Order、ポケットモンスター サンなどのゲームにうつつを抜かしていたところ、昨年・一昨年と行われていた”アドベントカレンダー”のことを直前まで忘れていた結果、今年の書き手は立候補での募集となりましたことや人数が足りずにアドベントできなかったこと深くお詫び申し上げます。
そのおかげ(?)か今年新たに当サークルに加わった51代の記事が多くなりますので新歓ブログリレーとはまた二味くらい違った出来栄えになるとひそかに期待しております。

明日より当企画本編がスタートいたしますので楽しんでいただけたらと思います。

以上で挨拶と謝辞を終わらせていただきます。

「創作」と「創作」【新歓ブログリレー2016 16日目】

misw No Comments

49代MIDI研会長のみるくです。みるくは平仮名です。よろしくお願いします。

さて、みすの各新歓講座を受けてみすに入ろうと決めた人、創作意欲が高まった人が多数いると思います。今回の記事は創作活動における作品の考え方について、短く話していきたいと思います。曲の作り方については2015冬のアドベントカレンダーに記載してあるので、そちらも是非参考にしてください。

主にイラスト、楽曲、プログラムに言えることですが、作品は大きく分けて2つに分けることができます。
・自分の求めるもの
・他者が求めるもの
の2種類です。
前者は発表会に向けた作品や企画とは無関係の作品に多いです。逆に後者は主に企画で用いられる作品のことを指します。
何が違うのか、例をあげて説明します。

前者は、どう見てもリンゴにしか見えないイラストに「バナナ」というタイトルが付いていても、「なるほどそういう解釈もあるのか」となり、そこに「いやお前それどう考えてもバナナじゃねえよ」と意見をもらっても、作者がバナナと思ったらそれはバナナなんです。個人の解釈の問題ですので、別に書き直す必要もないし、タイトルを直す必要もありません。

後者は全く状況が異なります。企画で「リンゴの絵が欲しいからリンゴ描いて」と言われたとしましょう。そして書き終わったイラストが誰が見てもバナナにしか見えなかったら、そのイラストは描き直すか、「これはリンゴなんだ」ということを納得させるかの2択になります。依頼者の意向に沿ってないからです。たいてい書き直します。

「そんなこと当たり前だろ」と思う方がほとんどだと思いますが、この2つは作品に対する考え方も大きく異なってきます。自分で求めるものを作った際は、どれだけ他人に批判されたり文句を言われても決して相手にしてはいけません。上手下手の概念などなく、自分が満足するものを作ってるだけですからね。昔の偉大な芸術家が描いた抽象的な絵を見ても、私のような素人が見たらただインクが散乱してる絵にしか見えなかったりします。対照的に、他者が求めるものは、双方が納得いくまで議論する余地があります。企画長に描き直しを命じられたら、何がいけなかったのかしっかり企画長に聞いて、もう一度描き直す必要があります。そこで突っ返されたからといって腐ってはいけません。依頼を受注した以上、最後までやり遂げる義務があります。どうしても納得がいかないのなら、しっかりその意思を伝えましょう。そして発注した方は自分の求めるものを伝える義務があります。否定だけして終わってはいけません。

さて、なぜ私がこんなことを書いてるかと言いますと、今後他者の求めるものを作る機会が増えるからです。みすに所属し、企画に入った場合はもちろんですが、外部委託、コンペへの参加等、同じ状況は無数に存在します。そこではほとんどの場合で「自分の求めるもの = 他者の求めるもの」は成り立ちません。自分がバナナだと思っても、相手にとってはリンゴにしか見えないことがたくさんあります。そういうときはしっかりお互いに意見を言い合って、1番両者が納得のいく形で終わらせましょう。自分の価値観を押し付けたりすることだけはあってはなりません。

堅苦しい話が続きましたが、要するに「個人制作と共同制作は違う」ということです。しかし、目的や状況によっては例外もありますが、どちらにも「より良いものを作りたい」という思いは共通しているはずです。そのプロセスはその場によって異なるので、目標を明確にして、最善の選択をするよう努力していきましょう。

めっちゃ文章が堅苦しいですが、「そういう考え方もあるのねふーーーーん」ぐらいに捉えてくださいお願いします。

pixiaのメイキング動画【新歓ブログリレー2016 15日目】

misw No Comments

こんにちは、MIS.W49代CG研のsea(せあ)です。
2014年の冬にこんな記事を書きまして、
[pixia]ちょっと便利な使い方[AdventCalendar17日目] – http://misw.jp/archives/666
それからFireAlpacaに浮気したり、CLIP STUDIOを買いたいなーなんて思うようになりました。成長ですね。

でも今回は原点回帰というつもりで、pixiaだけでお絵かきして動画を撮ってみました。
PCの画面でいい感じに調整した白がスマホで見たら黄色くて萎えてお蔵入りしようと思ったのですが、折角描いたので公開します。
動画編集も適当なので大目に見てください。

※ちなみにやってることは2014の記事で大体書いてます。

動画のぶち切れたとこから適当に加工した完成版がこれです。(黄色いの直しました。)
sea3
最近始めたプリパラのマイキャラです。超絶かわいいです。みなさんプリパラしましょう。

おしまい。

コード進行、出発進行!【新歓ブログリレー2016 14日目】

misw No Comments

はいこんにちはうぇっへへ〜〜い。50代MIDI研究会に所属しておりますQ(きゅー)でございます。知ってるか?俺今期1限ないんだぜ。社学ズ?あそ社学?何とでも言ってくれンハハwww

さて新歓ブログリレーということでわたくしも一筆とりまして、な〜んかためになりそうなことを書いてこうかいなと。

今回僕がこちらに書かせていただきますのはタイトルのとおり、コード進行のことはじめです。

サークルに入らなくても創作は始められる【新歓ブログリレー2016 13日目】

misw No Comments

「創作」を始めたい人へ

入学式から一週間と少しが経ちました。多くの大学サークル同様、当サークルMIS.Wでも新入生歓迎活動(新歓)を行っております。ブログリレーもその活動の一環です。

MIS.Wはいわゆる「創作サークル」です。イラストや作曲、プログラミングなどが好きなメンバーによって成り立っています。そしてまた、新歓に訪れる新入生の方々も「創作」に興味を持たれているものと思われます。

私たちは大勢の「創作」好きがMIS.Wに入ってくれることを心待ちにしています。では、この記事のタイトル「サークルに入らなくても創作は始められる」とはいったいどういうことでしょうか。

いろんなジャンルの音楽を聞いてみよう!【新歓ブログリレー2016 12日目】

misw No Comments

新入生の皆さん初めまして。49代MIDI研究会のyukitakaと申します。普段は音ゲーしたり曲を作ったり聞いたりして生活してます。

さて、今回の記事ではいろんなジャンルの曲を紹介していこうと思います。周りの話を聞いていると「Jpopとかロック、洋楽は聞くけどそれ以外はあんまり知らない……」って感じの人が結構います。もちろんそういった歌モノもいい曲が沢山ありますが、せっかくなので今回はエレクトリックな曲のジャンルを紹介していこうと思います。「BPM」という曲の速さを表す数字を多く使うので説明を載せときます。

※BPM…音楽で演奏のテンポを示す単位。「beats per minute」の略で1分間あたりに刻む拍の数を示す時に使います。

「どのプログラミング言語を使ったらいいのか」 【新歓ブログリレー2016 11日目】

misw No Comments

新入生のみなさん初めまして。49代プログラミング研究会会長のCashew(カシュー)と申します。

さて、僕はプログラミング研究会に所属しているので、プログラミングをしたくてミスに入る人に向けて記事を書きたいと思います。

ズバリ、「どのプログラミング言語を使ったらいいのか」ということです。

基本情報技術者とは?【新歓ブログリレー2016 10日目】

misw No Comments

新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。
49代のyuusakiです。

今回はタイトルの通り、基本情報技術者について話そうと思います。
ですがその前に、私がこの試験を受けたきっかけをお話しさせてください。

私はmis.wではあまり見ない、数学科に所属しています。2年前、私がmis.wに見学に来た時に、「ゲームについて話せる友達ができそうだなぁ」と、創作することについてはあまり考えずに入会しました。
PCなんて大学に入るまでほとんど触ったことはなかったし、タイピングの速さからもうすでに周りと遅れていたように思います。
せめて周りに追いつきたいなぁ…と思いつつ気が付いたら2年生になっていました。

後輩も入ってくる時期なのに、このままじゃやべぇよやべぇよ…と思っていたとき、「基本情報技術者」という資格のことを知りました。
「なにこれ強そう」と思い、それだけの理由で受験を決めました。

基本情報技術者は、国家試験である「情報処理技術者試験」の一つです。試験の内容としてはハードウェア(コンピュータを構成するもの、たとえばキーボードやCPUなど)、ソフトウェア(プログラムのこと)、システム設計(システムを開発する上での手段)、ネットワーク(どのようにして通信しているのか)、マネジメント(プロジェクトをうまくやっていくために実際にある方法について)、セキュリティ(情報を扱う上で注意すること)などがあります。

資格の勉強を始めてからサークルでサーバーをたてるための手段がよくわかるようになり、またゲーム制作に携わるときも、開発する上での戦略として意見を出せる知識が増えたと思います。

そして基本情報技術者試験に受かったころには、サークルで資格の勉強で得た知識を活かせるようになっていました。

なので、もし情報系に疎い自分を変えたい!と思ったときは基本情報技術者を目指してみてはどうでしょうか?

誰でも描ける?ちびキャラの描き方【新歓ブログリレー2016 9日目】

misw No Comments

いよいよ授業が開始、新入生の皆さんは講義の雰囲気がつかめたでしょうか。50代CG研のすずしろです。

授業は切らないほうがいいです。

sd_mischan6-2

さて、4日目の筋力少佐の記事ではデジタルイラストができていく過程を紹介していましたが、今回はちびキャラ、所謂SDキャラクターの描き方です。「SD」とは「スーパーデフォルメ」の略で、デフォルメの中でも頭身の低い物を指す言葉です(デフォルメの意味は後々説明します)。SDキャラクターはコツやポイントさえつかめば誰でも簡単に描くことができる(と僕は信じている)ので、興味はあるがイラストを描いたことがない・・・といった方やイラストなんて無理!描けない!といった方も是非この記事を読んで挑戦してみてください。

そうだいぐらし!【新歓ブログリレー2016 7日目】

misw No Comments

画面越しから初めまして。御入学おめでとうございます。基幹理工学部電子物理システム学科専攻表現工学科副専攻、MIS.WではMIDI研、CG研の末端として日々活動していますCHO-CHiです。ちょーちって読みます。
今年は3DCGを使ったスマホアクションゲー作る企画立てました(気になる方は説明会や新歓コンパでお気軽にぼくを捕まえてください)。

さて、本日科目登録結果発表が行われ、実際の授業が始まりますね。わくわくしている方もどきどきしている方もそんな感情は忘れたという方もいらっしゃることと存じます。中にはすでにバイトを始めており俗に言うバイ畜と化した方もいらっしゃることでしょう。授業、サークル、バイト、恋愛と、大学生の楽しみは多いものです。しかし早大生に限っては、他大でも楽しめるそれに加え、もう一つ大きな楽しみがあります。

最新情報を更新中!

Twitterに、新歓情報をはじめ最新の情報を掲載しています。